とあるフリーランスの昼寝言

フリーランスライターの雑記

なぜ華僑は金持ちなのか?マレーシアで感じた「働く」ではなく「稼ぐ」という意識

マレーシアに先日行ってきたのですが、どこでもビルが建設中で、成長国であることを実感してきました。

f:id:hamamatsuwriter:20180808153545j:plain

そんな中、気がついたのは中国の建機メーカーがビルをわんさか立ててる様子。日本や韓国の会社よりも、圧倒的に中国のメーカーが多かった印象です。これは60年前くらいに中国人が一気にマレーシアに移住し、華僑が増えたことが関係していて、中華系の企業がやりやすい土壌があるんでしょうね。

それに関連するかのように、マレーシアの富豪のほとんどは華僑です。Record Chinaによれば、マレーシアの富豪トップ10のうち8割りが中華系。もともと住んでいたマレー系の人たちを退けています。

なぜ華僑がお金持ちに?

f:id:hamamatsuwriter:20180808160014j:plain

僕はシンガポールや台湾に住んでいたことがありますが、あまり華僑との関わりはありませんでした。でも、「なぜ華僑、中国人は金持ちなのか?」ということに興味があり、お金持ちっぽさそうな華僑に会うたびに何をしているのか聞くようにしていました。

それでも全然答えはでなかったのですが、今回マレーシアに行って1つ気がついたのが、圧倒的にハードワーカーであるということ。

運ちゃんに話を聞いたところ、1日3時間くらいしか寝ていなくてとにかく働いている。会社も複数経営していて、40歳までに引退したいということでした。

働く量については日本人も負けてはいないと思いますが、お金に対するいい意味での執着心が強いことを感じました。「働く」ではなく、「稼ぐ」という意識ですね。

逆にマレー系は、点お金に対する強い執着心がないのかなとも思ったり。それよりも自分らしく生きる、マイペースという印象を受けました。これがマレーシアがゆるい理由なんだろうな。だからどちらかがいいなんてのはなく、生き方としてはどっちもアリなんでしょうね。

日本人は損をしている?

稼ぐなら徹底的に稼ぐ、マイペースなら徹底的にマイペース。どっちでもいいとは思いますが、日本人は働く時間やストレスが多いにも関わらず、稼ぎきれていない気がします。

毎日睡眠時間を削って働くなら、60歳定年退職を目指すのではなく40歳定年退職を目指す方がいいでしょう。そのためには、稼ぐという意識を持たないといけないですね。