雑草のように生きてやる

フリーランスライターの雑記

フリーランスは、「直取引>ネット」を重視したほうがいいんじゃない

現在ネット3割、直取引7割くらいでライターの仕事をいただいています。

ネットは、ランサーズからのお仕事です。様々なジャンルの仕事を受けていますが、自分の経験を生かした、海外とか転職、英語関係の仕事がほとんどです。仕事内容は、文章をリライトして文章量を2倍にしたり、新規記事を1万文字書いたりですかね。1万文字はなかなか辛い・・でもお仕事いただけるので頑張ってます。

 

直取引は、ランサーズとかクラウドワークス関係なく、直接会って取引をしているクライアントです。元々ブログ記事とか多くかいていたのですが、最近は紙やLPのライティングもしています。その甲斐もあって、SEOに自信がついてきました。

 

直取引>ネット

元々営業やマーケティングをしていたこともあり、クライアントと直接会って課題解決に貢献したいと思っています。ランサーズ便利なんですけど、クライアントの根本的な課題って見えません。だから、本当に記事を書くことが正しいのかわからんのですよ。

 

例えば、売上を2倍するためにネットからの問い合わせを現在の2倍にしたいというクライアントがいたとします。検索に強い記事を書いてもらうために、ランサーズで依頼しますがこの時にクライアントから出てくる情報は、「〇〇の記事を1文字1円で」ということだけ。

 

でも、記事を書くことが本当に売上2倍につながるのでしょうか?PPC広告SNSの運用の方が効果出るのではないでしょうか?

 

課題が見えてない中で、質の高い記事を書いてもクライアントの根本的な課題解決にはなっていないかもしれません。むしろ、お金の無駄使い=将来仕事をいただけなくなる。

 

クライアントのビジネスが成長することで、自分も来年の飯を食べていけるので。クライアントが間違ったお金の使い方をしているなら、正しいところに使ってもらいたいし。忙しくて仕事断ってるわけじゃなくて、ライターに記事を書いてもらう前に、他にお金の使い方があるんじゃないかなと思うので・・。

 

何が言いたいかと言うと、文章を書くだけがライターの仕事ではないということです。文章を通して課題を解決することが大切。ビジネスのパートナーを目指しています。

 

さぁ、今日もがんばろう!