読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑草のように生きてやる

フリーランスライターの雑記

独立前に必要な貯金は?生活費6ヶ月分は用意しておいた方がいいかも。

社会人の時は、給料が毎月出てボーナスもある。それが当たり前だし、仕事を辞めたら当たり前じゃなくなるってことくらい頭ではわかってる。でも、実際に直面するキャッシュフローはそんな簡単なものではありません。

 

独立したら、仕事の報酬は毎月定額が振り込まれるわけではないし、お客さんの都合で遅れることもあれば、振込されないこともあります。実際に先月突然連絡がつかなくなったお客さんがいます。10,000円ほどの仕事をしましたが、取りっぱぐれました。金額が小さいのでよかったですが、これが10万円、20万円となると大打撃です。

 

だから、独立前は、資金をできるだけ用意しておいた方がいい。

 

そういうと、どのくらい?と言われるので、この公式をおすすめしましょう。

 

ひと月当たりの最低限の生活費×6ヶ月+独立の初期投資

 

最低限生活に必要な費用とは、固定費と変動費の合計です。

固定費は、車、家賃、インターネット回線、保険、年金など毎月固定でかかる費用。変動費は、生活費、水道、電気代、携帯などの毎月変動する費用です。その合算値が最低限必要な生活費となります。。固定費の割合が高ければ高いほど、出費のコントロールが効きません。できるだけ、固定費は減らしておいた方がいいです。いいですか、固定費はできるだけ減らすのです!

 

最低でも6ヶ月分の貯金が必要な根拠は、はっきりとはありませんが、このくらいは必要でしょう。独立1ヶ月目は、独立準備で仕事ができません。名刺を作ったり、開業届け出したり、もうほんと色々やることあるから!「うわあああ」ってなるから!

落ち着いて仕事ができるのは2ヶ月目からです。

 

さて、ここで問題です。

 

2ヶ月目にした仕事の給料は、いつ入金されるでしょうか?お客さんによっては、翌月、2ヶ月後とマチマチですよね。しかも、2ヶ月目から最低限生活に必要な費用を稼げる人はいいですが、私のようにほとんどお客さんがいないような状態から始めた人は、口座の残高が減っていく現象に胃が痛くなる思いを抱くでしょう。

この時の精神状態は、どこかのマフィアが不正に引き出しているんじゃないかと疑うほどです。

 

2ヶ月目にある程度営業をして仕事を取る必要があります。3ヶ月目から仕事をしたとしても、入金が2ヶ月後なら5ヶ月目にやっとまとまった報酬が入ります。そう思うと6ヶ月というのは最低限の貯蓄です。

毎月20万の出費がある人は120万円の貯金が必要ですね。こんなギリギリの状態で独立するのはかなり危険ですが、どうしても独立したいという人は、6ヶ月分は用意しておきましょう。

 

あとは、独立に必要な初期費用です。人によってそれぞれですが、フリーランサーならほとんどかからない人が多いんじゃないかな?

 

さぁ、頑張ろう!